早漏 克服

早漏を克服したいあなたへ

 

私も早漏で悩んでいました。
なんとか克服したいと思って、実に様々な方法を試しました。
ネットでいわれているような早漏対策は、
ほぼ全て試したと思います。

 

しかし、残念ながら、ほとんどの方法は、
全く効果がないか、ほんの気持ち程度の効果しかありませんでした。

 

このサイトでは、私が試して効果がなかった方法と、
唯一、効果があった方法を紹介します。

効果がなかった早漏克服法

 

スタートストップ法・スクイーズ法

 

早漏治療法として最も有名なものにスタート・ストップ法があります。
スタート・ストップ法とは、簡単にいえば、自慰行為で射精を我慢するトレーニングです。

 

その名の通り、

  • オナニーをはじめる(スタート)
  • イキそうになったら止める(ストップ)

を繰り返します。
オナニーでイクのを我慢できるようになれば、SEXでも我慢できるようになります。
非常に合理的なトレーニングだと思いました。

 

しかし、実際にやってみると、非常に難しい。。。

 

イクのを止めらないから早漏なわけで、
途中で止めるなんてことはできません。
さらに具体的な指示が乏しいので、不安になります。
私は2日で挫折しました。

 

ちなみに、似たような方法としてスクイーズ法というのがあります。
内容はスタート・ストップ法とほぼ同じです。
違いはパートナーの協力が必要なことです。
早漏であることをパートナーに告白する必要があるので、
こちらの方がハードルは高いでしょう。

 

 

早漏防止スプレー

 

つづいて試したのが早漏防止スプレーです。
あそこにスプレーをシュッと吹きかけるだけ長持ちするという夢のような商品です。

 

実際に使ってみましたが、使い方がかなり面倒。。。

 

  1. SEXの30分前にスプレーをかける
  2. 15分以上経過してから洗い流す

というステップを経なければいけません。

 

まず行為の30分前にスプレーをかけるというのが難しいです。
特にはじめてSEXする相手であればタイミングがいつになるか?は定かではありませんから。

 

さらに、スプレーをかけたら洗い流さないといけないのも面倒です。
行為前に必ずシャワーを浴びないといけないということです。

 

しかも、効果は微妙。。。

 

なんとかなく普段よりかは長持ちするかな!?という程度で、
劇的な変化はありませんでした。

 

 

極厚コンドーム

 

コンドームを極厚のものに変えれば、
刺激が減るので早漏を防止できるといわれています。

 

スプレーと違って使い方は簡単ですし、
効果を期待しました。

 

しかし、これも微妙ですね。

 

たしかに、薄いゴムに比べると、刺激は減ります。
ただし、刺激が減る分、気持ち良さも減ります。

 

気持ち良くないし、このままだと中折れしてしまいそうだったので、
普段より腰を激しく振ってしまいました。
腰を激しく振れば、いくら極厚ゴムでも刺激が強くなります。
刺激が強くなれば、早くイッてしまいます。

 

意味ないですね。

 

 

体位を工夫する

 

体位には、イキやすい体位とそうでない体位があります。

 

イキやすい体位は、正常位・バック・騎乗位など。
イキにくい体位は、座位・側位などです。

 

実際に座位と側位を試してみましたが、
確かに他の体位よりかは長持ちします。
いくらでも腰を振っていられそうな錯覚がしました。

 

とはいえ、すべての体位を座位と側位だけで済ますのは現実的ではありません。
自分にも相手にも、体力的な負担がかかります。
それに女性からしたら「なんで、この人同じ体位ばかりなの?」と
疑問に思われるかもしれません。

 

やはり、どんな体位でも長持ちできるようにならないとダメだと思います。

 

 

精力サプリ・増大サプリ

 

早漏克服には、精力サプリや増大サプリを飲むのが良いという意見もあります。
なぜなのでしょうか。

 

早漏の原因の1つに、勃起が不十分であることがあります。
半勃起状態だと、ペニスが刺激に弱く、早漏につながります。

 

精力剤を飲めば、ガチガチに硬くなるので、
刺激に強くなります。結果的に、早漏を防げるわけです。

 

実際に飲んでみましたが、
特に勃起力があがることもなく、効果はありませんでした。
精力サプリを飲むくらいなら、ED治療薬を飲んだ方が
即効性があるのでマシです。

 

ちなみに、増大サプリが早漏に効果がある理由は、
亀頭を大きくなるので包茎が治る→早漏も治る、というものです。
亀頭が大きくなれば包茎が治るというのは定かではありませんし、
そもそも包茎と早漏の因果関係は不明です。
こちらも効果はないと思われます。

 

 

【補足】早漏治療薬について

 

実は、早漏治療薬というのがあります。
有名なものに「プリリジー」がありますね。
サプリではなく、早漏を治すための医薬品なので、効果は高いと思われます。

 

しかし、その分、リスクも高いです。
プリリジーなどの早漏治療薬は、もともと鬱病の薬をベースに作られました。
もともと鬱病の薬は副作用が強いですし、
鬱病ではない人に投与すれば、思いのよらない症状がでる恐れもあります。

 

それに、まだ厚生労働省の認可が下りていない薬です。
私は怖くて試しませんでした。


効果があった早漏克服法

 

以上のように、有名な早漏対策は
すべて試してみましたが、効果は乏しかったです。

 

最終的に私がたどりついたのがAV男優の早漏対策です。

 

AV男優は仕事上、早漏であることが許されません。
射精するタイミングをコントロールできれなければ男優失格です。

 

そんな”射精のプロ”であるAV男優の早漏対策があると知って、
興味を持ちました。

 

 

内容は大きく3つに分かれています。

  1. 刺激対策
  2. 興奮対策
  3. 射精筋対策

 

まず刺激対策では、ペニスを刺激に強くするためのトレーニングをおこないます。
トレーニングといっても、スタート・ストップ法のように
ただ単にイクのを我慢するだけではありません。
ペニスの特に敏感な部分に絞って、効率よく鍛えます。
何分間やればいいのか?目標設定もあるので、やりやすいです。

 

次に興奮対策では、まずSEX中における6段階の興奮レベルを理解します。
自分の興奮レベルを把握することで、段階に応じた対策をおこないます。
さすがAV男優だけあり、イク寸前でも射精を止めるテクニックもありました。

 

最後に射精筋対策では、射精する時につかう筋肉(射精筋)を鍛える
トレーニングをおこないます。
ここの筋肉が衰えると早漏になるので、普段から意識的に鍛えるのがいいということです。

 

 

実際にトレーニングをやってみました。

 

最初の3日間くらいは特に変化もなく、モチベーションがさがりました。
けれど、7日目くらいで持続時間が大幅にのびました。

 

やる気を取り戻し、トレーニングを継続しました。

 

14日目では目標の15分を達成!

 

あるアンケート調査によれば、女性が希望する挿入時間は10分〜15分だそうなので、
十分な時間です。

 

以前は頑張って3分程度しか続かなかった私が、
わずか2週間で15分も持続できるようになりました。

 

私の早漏は完治したといえます。

 

 

AV男優の早漏対策について詳しく知りたければ、
以下のサイトをご覧ください。
    ↓↓↓

 

>>現役AV男優スパーキー佐藤の早漏対策